FXはレンジ判断とトレンド判断は必至!!そのコツを紹介☆

2019年3月15日

GAFARのFX関連記事をお読みいただきありがとうございます。

カテゴリ「常勝トレーダーの道」の内容の順序が逆のために誤解を招く可能性がありましたので、新しいカテゴリを作り記事を慎重に作っていきたいと思います。

新カテゴリは新設したトップページの【-米ドル円-FX ピックアップ】になります。

 

みなさんはどのようにトレンドとレンジを判断していますか??

これには1つの答えは存在しません。例えば日足を見ている人と1分足をメインで見ている人がトレンドとレンジの判断を同じにしてトレードができるわけがありません。なので全ての投資家に通用するトレンドとレンジの判断方法はありません。

ここで紹介するトレンドとレンジの判断方法は、
常勝トレーダーの道
で公開している手法に合わせた判断方法になります。つまり、日足に特化し、さらに短期トレードを意識したトレンドとレンジの判断方法になります。

目次

トレンドの判断

短期トレードはトレンドのみエントリーするので、その定義がまるまる手法になっていますのでこちらを参照してください。
↓↓↓
FXのデイトレの手法はシンプルに!!逆指値の置き方まで解説します。
トレンドと判断し、その継続を確認してからのエントリーとなるので手法まんまでしたね。

レンジの判断

僕の短期トレードの解釈だとレンジはエントリーしないところになります。ただ、日足だけでも短期の目線のレンジと長期の目線のレンジでまた見方が異なります。

レンジは同じような価格帯を行ったり来たりします。その短期目線と長期目線があると思ってください。

短期目線のレンジ画像

ピンク色のボックスで表しているのが短期目線のレンジです。同じような価格帯を行ったり来たりしていて、別の書き方をするならば足が横並びになっているという状況です。

長期目線のレンジ画像

長期ではレンジの幅内で行ったり来たりしている状況を指しています。この長期目線のレンジはあまり頭をガチガチしないほうがいいと思います。多少ブレイクしていようが同じような価格帯に収まりがある展開であるならばその括りをレンジとして捉えればいいだけです。


レンジの使い方

実際のエントリーで直接的に使うことはありません。

短期トレードに繋がるとすれば、やはりレンジはブレイクです。

短期のレンジも長期のレンジも共にブレイクしているのが好ましい展開ですが、それを狙い過ぎてもエントリー回数が減るだけですし、それでしかチャンスとして生かせなそうであればそれはそれでいいと思います。

このレンジとして判断できるかの部分も含め、トレードスキルになるわけですから裁量の醍醐味です。この一番楽しい裁量を嫌い、誰でも答えが出せるようなテンプレートに当てはめようとすると、直近の相場に合わせたようなものが出来上がり、簡単に言うとダメになっていくっていう感じなのではないでしょうか。

話がそれましたが、この項目のレンジの使い方とすれば、ブレイクを意識するということです。前に書いたインジケーターの記事で価格帯別出来高のことも少しだけ書きましたが、長期のレンジはあれを意識したような感じでボックスに見えるようなところを意識するということになります。

レンジを総合的に考えてみて…

この裁量的な部分は難しいのか??

初心者には不可能なのか??

という部分ですが、個々の結論なので正解も不正解もありません。

自信を持って分析をしてください!!とかではなくて、トレードって自分で分析して答えを導きだして、成功すれば資金が増える、失敗すれば資金が減り、失敗の過程を振り返り必要ならば修正するものなはずです。

僕は相場を分析するための僕なりの前提を書いているので、その前提について何かあればぜんぜんメールフォーム使ってくださいね☆どうしてその結論になったのかを書いてもらえると、前提を踏み外しているならばそれを指摘さえすれば、たぶん修正ってそんな難しいものではないと思うんですよ。

本当にこの部分だと思います、勝ち負けの差は。

手法なんて何でもいいんだと思います!!ですが、せっかくなので僕の手法を参考にしてもらって何かあればぜひぜひメールフォームからご連絡をください!!!