ドル円の推移など…FXは初心者の方が通貨の推移を純粋に感じられるのでは??

2019年3月15日

GAFARのFX関連記事をお読みいただきありがとうございます。

カテゴリ「常勝トレーダーの道」の内容の順序が逆のために誤解を招く可能性がありましたので、新しいカテゴリを作り記事を慎重に作っていきたいと思います。

新カテゴリは新設したトップページの【-米ドル円-FX ピックアップ】になります。

 

昔の話ですがウォールストリートジャーナルから取材を受けた際に話したことがある内容を記事にしたいと思います。残念ですがこの話が記事になることがありませんでした。

記事になった内容は個人投資家が雇用統計時にどのように投資をするのか??っていうことを集計したり、ある個人投資家(たまたま僕も入っていた)の一部の話が載ったりする程度の内容なので僕1人にスポットが当たっているわけではないので全くすごくはありません。

取材を受けた当時、僕が当時疑問に思っていたことが通貨ペアの推移を予測するのに役に立つと思い記事にします。興味あれば読み進めてください。ちなみに昔FC2でジャイアンツカラーでブログを書いていたときに記事のアクセスがすごかったのを覚えています。今回はどうでしょう…(笑)このブログは開設したばっかりなので爆発することはないですね(;^_^A

目次

株からFXを始めると湧く疑問

僕はFXのチャートを見るために株の達人というホームページを見て勉強しました。株の買い方なども勉強しました。PERとかESPだとかそんなのも勉強しました。それからFXの買い方などを勉強したものですからすごい疑問があったんです。

FXをやる際に通貨ペアを選択しますが、通貨ごとのPERだとかESPって存在しませんよね??
何が疑問かと言うと、株を売買するときはその会社を調べるのに、通貨を売買するときは国を調べないの??と。通貨の場合は各国の経済指標っていうのがあります。でもそういうのを調べて通貨を売買するっていうよりもチャート分析のことしか書いてなかったので、そういうものなのかな??って思っていました。これがFX初心者に悪影響になる諸悪の根源だと思います。

チャート分析なんて、あとあとあとです。

まず通貨ペアの買うか売るかの方針を決めないとチャート分析なんて意味がありません。とか言って、先にチャート分析の記事を書きましたが…掴みがないと見てもらえないので…(;^_^A すいません(o*。_。)oペコッ

では、通貨ペアの推移の予測について次の項目で書きます。

ドル円の推移について

皆さんは通貨ペアってどんな基準で決めているのでしょうか??動きが激しい通貨ペアがいい人もいるでしょうし、スワップがたくさんつく通貨ペアを好む人もいるでしょうし、動きが少ない比較的に初心者向けだと言われる通貨ペアを選択する人もいるでしょう。

僕は今ドル円(米ドル円)一本でやっています。(超短期トレードの遊びを除いては…)理由を解説します。

まず解説したいので、通貨のそれぞれの方針がわかる通貨を選ぶべきです。今現在わかりやすいのが、アメリカドル、円、ポンドです。でもポンドは一旦外して解説しますのでご了承ください。

ドルを調べるのにPERやEPSが存在しないので、単純にリーダーを見て判断します。アメリカのリーダーはトランプ大統領です。トランプ大統領は政策からして強いドルを目指していますし、自国の通貨安行為を批判しています。そして我が国、日本の安倍総理は何だかんだ言っても通貨安に舵を切りますし、国民も通貨安がデフレを脱却でき景気が良くなると信じている風潮がまだなお根強くあります。

そうなるとドル円って買うべきだと思えませんか??

下線を引いた部分を自分なりの裏付けをした上で、例えば100円を割るまでは買い続けるなどの戦略を立てられるのであれば、ナンピンやマーチンは必ず破滅すると言われていますが、そのような戦略を生かすナンピン、マーチンに成り代わります。これが投資でしょ!!って思ってます。


チャートだけで判断してしまうと…

ちょっとしたプレゼント画像です。
視覚的にすると現時点までの結果がわかりやすくなります。

画像はドル円の週足

ラインの意味はわかりますでしょうか??
引いたピンクのラインは、日本の日付だと11/9に選挙で当選確実となった日の終値付近のラインです。実質ここで第45代アメリカ大統領が誕生した後の終値付近です。つまり105円半ばというのはトランプ大統領の指示線のようになっています。別に意識をする必要はないですがトランプ大統領が狙っていることは今のところ形にはなっているという感じです。

チャートは過去のことを見る分には、全てのことを表していますから問題ないのですが、未来を予測するならリーダーが示す方向性を中心に考えないと過去の分析は意味をなさないことが何となくでもお気づきでしょうか??僕の書いたことが全てではないんですが、投資がだいぶ楽に要因はここにあったので詳細を書かせてもらいました。

ポンドを外した理由

今回記事にした内容っていうのは投資対象がどうやって生まれるのか??っていう部分も含まれています。アメリカで言えばトランプ大統領になったのが新たなきっかけとなりました。

今回はポンドが投資対象に入ってきました。

メイ首相の悪戦苦闘は最近のニュースを見ればかるかなって思いますので割愛します。そう、、メイ首相がメイってます…(^_-)-☆
と、とりあえず、投資対象に入ってきたということは今後1年以上は予測外のことが起こるまで売買する方針が固まるので、僕なりの答えではありますがそれを丸々書いてしまうのはあんまりよくなりですね。何か変化がある度にドル円が150円まで上がるとか、本が出たり記事が出たりとよくわからない予想がでますが、ポジショントークって飲みの場でも絶対ダメです。

なので僕の考えが形になったら話すと思いますし、形にならなかったら話題にもできないでしょう。

投資ってちゃんとやればワクワクしますよ!!

チャート分析の前に皆さんも各通貨のリーダーを下調べしてみてはいかがでしょうか??記事を見るだけでも意外に面白いんです。こんなこと言っていたんだ!!とか、そもそも全く勘違いをしていたりもして発見だらけです。

あと金利差がある通貨ペアで各国の優劣を簡単に決めないでください。僕の友達で頭のいい奴が居たのですが大失敗しました。裏付けを取っていたデータは自分の思ったことが実現できるデータを取っていて自己満足していただけでした。あくまでも客観的に!!!

では楽しい投資ライフを☆