今後のドル円の方向性!!雑誌は読めば読むほど”吉”

僕の意見となりますが今後のドル円の方向性をまとめてみました。

皆さんはどんな情報を得て自分の考えを持っているのでしょうか??何となく合ってそうなことを書いている記事を見つけてはその内容を鵜呑みにするなんてことをしている方もいると思います。ドル円の方向性を占うような記事ってたくさんありますね。僕も週刊合わせて1ヵ月で15冊くらいは読んでいます。ただ興味あること以外は読まないので1冊数ページですけど…月数百円支払えば、何千冊の雑誌や漫画が読めてしまうサービスがあるので雑誌がかさばって困っている方は探してみてください。

目次

経済誌と言えば…

東洋経済
日経ビジネス
ダイヤモンド
マネー現代
こんなところを主に見ています。新聞なら日本経済新聞でしょうが新聞の場合って記者の個性が見えにくいので読んでも面白くないので基本見ません。経済誌の面白いところは良い意味でも悪い意味でも著者の考えがダイレクトに反映されるところです。浜矩子さんの書籍はいつも口コミがざわついてますが文字を書く人はそれでいいと思います。

ドル円の方向性に関連を持つ記事

例として記事を紹介します。内容が良いというわけではなくただ単に関連性があったからです。基本的にアメリカ、日本の中央銀行の記事が確実にドル円動向に関係するので、アメリカ、日本の中央銀行の話を匂わせる記事は片っ端から読みましょう。

東洋経済
「ドル化した世界」がFRBの利上げ路線を阻む(https://toyokeizai.net/articles/-/269802?page=4)

マネー現代
トランプの「FRB叩き」で日本が最大の迷惑を被る理由(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59449?page=2)

東洋経済のタイトルのように「ドル」なんて言葉がつくのはほぼドル円動向に関連してきます。そして、当たり前ですがFRB、そして日本銀行(日銀)は絶対ですね!!最初は何言っているかわからないと思います。当時僕は単語を調べながら少しずつ解釈していきました。自信満々に書いている記事はどんな根拠があるのかをピックアップし、その単語を調べれるとまた関連記事が出てくるので、それを読み込んでいくと頭の中でバラバラだったのがどんどん繋がっていきます。

記事はあまり信用しないで疑いながら見てほしいなって思います。いろいろ読んだ結果、自分の考えをまとめるで最初は問題ないと思います。一通り学んで今の時代に追いつけば自然と今の時代の流れに入っていけるのではないでしょうか。

ドル円の方向性

ドル円の方向性を改めてまとめてみました。
昨年12月のFOMCのパウエルさんの強気発言が裏目に出たことで何となく方向性が見えてきたのではないでしょうか。他の記事でも書いたのですが、円安の目が今のところないです。アメリカの今年の政策金利の利上げがなくなり、逆に緩和しろくらいの流れになっています。
緩和をするしないは別にしても、FRBは緩和が出来ても、日銀は緩和する余地があるのか…さらに新興国、他のメジャーな市場でもお金が引き上げられている感が満載なので、FRBの動向でいくつかリスクがあるにしても円高ドル安が濃厚なのではないでしょうか。

今年は売りまくりましょう(;^ω^)

ドル円の方向性のまとめ

全ての詳細を書くと長ったらしい文章になりますし、何より調べた内容を全部書くのって自分のノートをまるまる写す感じになってしまうので端折りながらまとまったところだけを書かせてもらっています。話が飛ぶ感があって申し訳ないです。結論だけははっきり書けるので。裏付け部分を端折ってるので僕のブログの記事を信じる方がどうかしていますが、全てのものを疑ってみて自分の考えをまとめてみてください。

本当に勝てるようになりますから。ファンダメンタル最強☆