FXのデイトレの手法はシンプルに!!逆指値の置き方まで解説します。

2019年3月15日

GAFARのFX関連記事をお読みいただきありがとうございます。

カテゴリ「常勝トレーダーの道」の内容の順序が逆のために誤解を招く可能性がありましたので、新しいカテゴリを作り記事を慎重に作っていきたいと思います。

新カテゴリは新設したトップページの【-米ドル円-FX ピックアップ】になります。

————
STEP2
————

どんな手法を使っていますか?

使える手法に悩んでいてこのページに辿り着いたはずなのでできるだけ期待に応えたいと思っています。手法を使えるようにと言いますから利益を得るためには失敗して修正を繰り返すことです。これから紹介する手法は失敗と修正を繰り返したものなので、そのまま使うのであればこれまで勝ってきた流れを再現する力は持っていると思っています。それでも負けたときには反省と修正です。手法のベースとして参考にしてもらっても結構ですし、そのまま参考にしてもらってもいいとは思いますが、投資で被る損失は自己責任ですのでご了承の上ご覧ください(o*。_。)oペコッ

目次

短期と長期のトレンドを区別する

使用する時間軸は日足のみです。その中で短期と長期のトレンドを区別します。

長期トレンドの解説画像

長期のトレンドはオレンジのラインが表すように、大きな山と谷である高値と安値の切り上がりや切り下がりを見ます。安値と高値が切り上がっていれば上昇トレンドですし、逆に高値と安値が切り下がっていれば下降トレンドです。
画像の例は安値は切り上がっていますが、高値が切り下がっていて、少しずつ動く幅が小さくなっている相場なのがわかります。つまりノントレンドです。

短期トレンドの解説画像

短期トレンドは傾きがあるMA5の上、または下で為替値が継続的に動き続ける状態を言います。この短期トレンドの50%以上は、大陽線や大陰線、または直近の足の大きさの平均と比べて大きい足をきっかけに始まっています。よって、注目は大きめの足です。以後、エントリー時の話題に登場する大きめの足は「きっかけの足」と書きます。

エントリーは短期トレンドに乗ることを意識

短期トレンドができるタイミングでエントリーをすることになるので短期トレードになります。

短期エントリーの解説画像

この手法の基本的なエントリー方法は、まずきっかけの足を見つける。きっかけの足ができたら次の足を様子を見て、できるだけMA5に近い終値の足ができたら次の足の始値付近でエントリーをする。画像だときっかけの足の青丸の足ができてからエントリーとなります。

きっかけの足の次の足からエントリーしない理由は、MA5から乖離した終値ですとこのあと説明する逆指値の位置までの距離ができてしまい、リスクが大きいトレードになりやすいからです。

ここで書いたエントリー方法は先ほど解説した長期トレンドを考慮していません。長期トレンドに乗るエントリーが良いとは思いますが考え方的には逆になります。長期トレンドが悪影響になる場面での短期エントリーを控えたいための長期トレンドの解釈です。長期トレンドを意識したエントリーであったり、先ほど書いた長期トレンドが悪影響になるノーエントリー場面など機会があれば補足記事としてアップロードしていきます。

画像の真ん中のショートエントリーのきっかけの足からMA5に近づく足がありません。飛び乗る形になるエントリー場面です。参考機会が今後チャートに出れば、補足記事としてアップロードしていきます。


エントリー後の逆指値の位置

逆指値はエントリーしたら単純明快なので一発で覚えてください。

逆指値の解説画像
usdjpy2018121504.jpg
逆指値の位置は画像を見ればわかる通りに、ロングエントリーならきっかけの足の安値の下、ショートエントリーならきっかけの足の高値の上になります。高値または安値から何pipsなど細かい決まりは必要ありません。同値で問題ありません。

手法エントリーのまとめ

こんな簡単でいいのか?と思われたと思います。長期トレンドを考慮したり、長期トレンドが悪影響になったりすると難易度がやや上がります。エントリーはあまり難しいものではありませんから頭に入れておけば、補足記事はすぐに対応できるはずです。

STEP2の肝

  • 長期トレンドと短期トレンドを区別できること
  • 短期トレンドは短期トレードができるということ
  • 逆指値はきっかけの足の高値または安値に置くこと

色々な状況で同じエントリーができるようにしないといけません。エントリーをするところも大切ですが、エントリーをしないというところも同じくらい大切です。どこもかしこも短期トレードではなく裁量を入れてみてください。ベースがブレなければ裁量を入れても何も変わりません。相場に対応するだけです。ここを楽しめる感じになってもらえたら理想です。質問があればメールフォームからお願いします。