運行管理の試験を合格するためのコツと勉強法!!

2019年1月13日

運行管理者(貨物)に1発合格しました!!

資格証はあるんですがまだ使っていません(笑)信頼できる経営者じゃないと今の時代は危なくてしょうがないですし、信用できる人ってあんまりいないから取った意味があるかどうかがもうわからなくなってきています。

僕が運行管理者の試験を受けた感想は、広くて浅い知識が必要だなって思いました。あんちょこ的にこの数字を覚えておけばとか、そんな類の対策だとちょっと厳しいかなって思います。なので僕が試験の際にした対策を解説したいと思います。

目次

主題される問題数に分野別の問題数も決まっている!!

問題数は30問でしかも出題される問題の分野別で問題数も決まっています。

  • 貨物自動車運送事業法関係が8問
  • 道路運送車両法関係が4問
  • 道路交通法関係が5問
  • 労働基準法関係が6問
  • 必要な実務上の知識などが7問

合格には条件があります。30問中18問以上の正解で合格ですが他に条件があります。最後の「必要な実務上の知識」は2問以上、他の分野は1問以上の正解が必要になります。

これだけ丁寧に教えてもらえると対策の仕方も考えられますね!!

テキストを購入しました。

運行管理者の試験を受けるのに何を見ていいかわからなかったので調べて出てきた一番最初のHPで買うことにしました。

運行管理者試験対策.net
https://www.unkan-net.com/

購入させてもらったのは、運行管理者試験 合格必勝セットです。

テキストがしっかり作り込まれていて、これを読むだけで問題はないと思われるくらいです。予想試験問題も作られていたり、本番と同様のマークシート形式でテストができるようになっていたりととても素晴らしい内容です。


僕なりの運行管理者試験対策法

僕は用意された過去問を分野別に抽出してまとめる作業をしました。過去5年分の問題があるので、貨物自動車運送事業法関係なら40問をまとめて、正解を把握し、不正解の理由も把握していくと同じような問題のひっかけの内容なども頭に入ってくるので、自分なりに覚えるポイントが出来上がります。

で、、ですが…

そのポイントが見事にテキストに全て載っているのです。。。

信じていなかったわけではないんですが、勉強するにあたっての間違いないものは過去問だったので過去問の分析を主に試験対策をしました。合格した後に振り返ってみると、テキストをきっちり勉強すれば何にも問題はなかったんだと実感しました。
でも逆に言えば過去問さえあれば、お金をかけることなく合格もできることになります。

僕が行った方法は面倒ですが、問題の傾向と問題状況にあった数字を正確に覚えることができるのでばっちり試験対策になりますよ☆

金八先生でやっていた内容を実践??

僕は埼玉の会場を選択したので熊谷の立正大学で試験が行われました。交通手段もとても面倒くさく2回目を受けようとは思いもしないくらいの面倒くささでした。

さて、僕が金八先生に影響を受けてやった内容は、試験会場にテキスト等を持ち込み悪あがきをしないことでした(;^_^A 悪あがきっていうのはちょっと違いますが、理由は他にあって、例えば1つ間違えて覚えていた箇所などを発見してしまった場合、全てにおいて不安になったりなどするので、勉強は前日までにきっちり行っていれば大丈夫ってことでした。

会場でみんなテキストを開いて復習をしていましたが、僕は会場の時計の秒針を追いかけてちょっとウトウトしてきたら目をつむったりしていました(笑)

一応、合格者なので何か聞きたいことがあればメールフォームからどうぞ。答えられる範囲でお答えします☆では、次の運行管理者試験を控えている方は頑張ってください!!!

国家資格

Posted by GAFAR